肥満は病気、危険大。ダイエットしよう、デブの理由。あなたは本当に太ってる?

こんばんは!

 

今回は【体重、肥満】について書かせていただきます!

 

皆さんは、太っていますか?

 

基本的には「私太ってるよー」って答える人多そうですよね、日本人って

 

まあともかく、皆さん痩せたいですしスタイル良くありたいですよね?

腹筋だって、男なら綺麗に割りたいじゃないですか( ̄▽ ̄)笑

 

じゃあ、肥満などについて。健康的な面から言うと 

・どんな状態が太っていると言うのでしょうか?

・どんな体型が病気のリスクが高いのでしょうか?

 

それを話していきたいと思います(^^)

www.kenkoureha.com

 

www.kenkoureha.com

 ※一つ一つは短いので、読んでいただけたら嬉しいです(^^)

 

どんな人がメタボと言われる?

これは、おへその周りで周囲を測定してみると良いです!

 

・男性で85cm以上

・女性90cm以上

 

腹囲があると、内臓脂肪型の肥満の可能性が高いと言われております!

 

ただ単純に、お腹周りが出てきていれば不健康という感じらしいですね、、、

 

ちなみに日本人は、軽度な肥満でも病気を発症しやすいと言います。

 

この原因が、内臓脂肪みたいですね!

内臓脂肪が多い人ほど病気になりやすいみたいです!

 

先ほども申し上げましたが、脂肪がついた肥満体型には

 

【内臓脂肪型】と【皮下脂肪型】の2種類があります!

 

これを見分ける方法は簡単。

 

自分の皮膚を指でつまんでみてください(^^)

 

これでスゴい沢山つまめる人は【皮下脂肪型】のようです。

だからといって安心ではないですけど笑

 

お腹周りが出てくると背中が反る。(解剖学的姿勢)

これは事実です。

 

お腹がポコッと出てる人で背中がまっすぐな人って中々いないんです!

 

足元が見えない体型の人はもちろんのこと、お腹周りが出て来ている人はそう言う人が多いです(°_°)

 

確実にスタイルが悪く見えてしまいます。。。😭

 

と言うことは、背骨に過度な負担がかかり脊椎疾患にかかりやすくなります!

 

腸内環境と肥満は密接な関係有り。

栄養は当たり前ですが、胃や腸で吸収されます。

 

その腸が悪さばかりする腸であれば、栄養を適切に体に運ばないのはもちろんのこと、痩せやすい代謝の良いカラダになれる訳ないですよね、、、

 

善玉菌たちは脂肪細胞に働きかけて、脂肪を分解するの助けてくれるみたいです(^^)

 

免疫を高めてくれて、血を作ってくれて、幸せホルモンも分泌している腸内環境。

 

普通の体型の人もそうですが、痩せたい人は特に腸内を整えた方が間違いなく良いです。

www.kenkoureha.com

 

www.kenkoureha.com

 

 

ホルモンの関係で食欲が湧く。

太っていくと、内臓脂肪が溜まっていきます。

 

先ほども申し上げましたが、

内臓脂肪は、ただ「脂肪」ってわけではなく

[脂肪細胞]という細胞から出来ています!

 

これも細胞なんですね。

人間、全身が60兆個の細胞です。

www.kenkoureha.com

 

脂肪細胞は、体の機能を整える様々な生理活性物質やホルモンを放出しています!

 

太ることによって、体内の脂肪を一定に保つ役割をしているホルモン【レプチン】が出にくくなります。

 

これは脂肪細胞から放出されるホルモンです!

 

レプチンは、脳に働きかけて食欲を抑え、体内の脂肪をエネルギーとして消費しやすくしています!

 

これが上手くいかなくなると、もう食欲は旺盛になるばかりです。

【脂肪の消費も少なくなり、食欲は増える。】

 

これでは痩せにくいですよね。。。

 

お腹がグーグー鳴るのはなぜ?

お腹が空くと、「腹減った〜」ってなってお腹がなることありますよね!

でも、これはお腹が減っているサインでは無いそうですよ。

 

食事をしてから、胃の中が空っぽになるまでの時間がおおよそ4時間。

 

お腹が空っぽなのに胃酸は出るからお腹が鳴るだけで、栄養素は吸収されてから時間が経っていません。

 

と言うことは、血糖値は高い状態な訳です!

 

この状態のまま、ご飯を食べるとエネルギーとして脂肪に蓄えられてしまう可能性が高いみたい、、、

 

あれ?

 

でも私は、

「ドカ食いは太る。一度に吸収されるタンパク質や栄養素の量には限りがあるから、小分けにして食べた方が脂肪として蓄積されにくい。」

 

って聞いたことあります!

 

これをすると、体をアナボリックな状態(アミノ酸濃度を高く保ち、筋肉が分解されないようにしている状態。以下のサイト参照⬇︎)でいられるから良い。って聞いたのに、、、

常にアナボリックな状態に | 神戸市東灘区 住吉のパーソナルトレーニングジム 「ブーストアップ」

 

うーん、、、、

 

まあアナボリックを保つのに体には負担がかかりますよね(°_°)

 

腸内環境のことを考えれば、あまり良く無い気もしますが、体を大きくしたい人にはそうは言っていられないなと個人的に思います。

 

何にしろ、視点を変えればメリットやデメリットは変わります。それは仕方のないことだと思うので、頭に入れておきましょう! 

 

太っていると痩せにくくなる。

これは本当です!

だから予防が大切なわけです。

 

今太っている人は、もう始めましょうね。

始めるのに1番早いのは「今」だから!

 

予防する方法(食事)

これは、食物繊維です!

プレバイオティクスというやつですね。

 

善玉菌のエサとなる食物を食べることです。

www.kenkoureha.com

食物繊維はエネルギー(カロリー)が少なく、食べ過ぎを防ぎます!

 

食物繊維は、胃腸で吸収されず大腸まで届くので意識して是非とも食べて欲しいですね。

 

もちろん、

・低脂肪低糖質

・高タンパクの食事

・ビタミン、ミネラルなどバランスの取れた栄養摂取

は必要ですよ! 

www.kenkoureha.com

 

BMI(body mass index)について 

BMIはそこまで大事ではない?

この肥満度測定は、一般成人には有効かと思います。

しかし、色々と問題はあります。

 

このBMIは体重と身長の2つから数値を出しています!

なので、内臓脂肪とか皮下脂肪とか細かいことは分からんわけです!

 

ボディービルダーのような筋肉マッチョは、BMIが30近くあります。

あの脂肪が少ないカラダでですよ!

筋肉は脂肪よりも重いので、こうなるんですね。

f:id:kenkoureha:20190112193742j:plain 

しかもこれ、高齢者などにはBMIの数値で健康かどうかは微妙なんです。

 

高齢者(お年寄り)とBMI

高齢者に至っては、BMIの数値が正常だとしても、筋量が少なくなっていることもあるそう。

そのため、22ではかえって病気の発症リスクが大きくなるという報告もあるんです!

標準と言われているBMIで病気になりやすいって困りますよね、、、

 

だから、高齢になるにつれてダイエットより筋肉を落とさないことの方が大切なわけですね(o^^o)

 

 

ダイエット続く人、続かない人

ここでは考え方をお話しします。

ダイエットしたい、って人は何かしらの【目的】がありますよね^ ^ 

 

・痩せたい、健康的なカラダになりたい。(自分の体に興味)

・褒められたい、周りにアピールしたい。(他人の目線に興味、承認)

のように。

 

ただただ「太ってきたし痩せようかなー」くらいの気持ちだと続かないんじゃないでしょうか。 

 

ダイエットが続かない人の原因はほぼこれです。

【痩せる目的、目標】がないから。


 

前何かの番組でやっていましたが、

自分の子供が「お前の母ちゃんデブだな!」ってイジメられたことをきっかけに母親はダイエット始めた。

ってものも見ました。

 

  • 何でも良いんです。というか、上記のように、他人が関わっていることで行動できるというのはありますよね。

 

目標を持ちたいものですね(o^^o)

www.kenkoureha.com

 

 

痩せるためには代謝を上げる。水(白湯)を飲む。

 なぜ水を飲むのが大切か。(お茶とかジュースではダメですよ)

 

それは、人間の体は70%くらいは水ですね。

筋肉も同じです。皮膚も80%くらいは水分です。

 

皆さんが水をあまり飲んでいなければ、

・筋肉も干物のような状態

・血液量も少なくドロドロ。

・皮膚はブヨブヨ

 

こんな状態では、代謝なんて上がりません。本当に痩せにくいです。

あと、筋肉もつきにくいですよ!

 

まずはお水を飲みましょう!血液を増やしましょう!

www.kenkoureha.com

 

www.kenkoureha.com

 

サラダなど野菜も大切ですが、カット野菜は避けたほうが良いと思います。

消毒液のプールに浸しているものなので、、、

www.kenkoureha.com

 

肥満は病気です。

皆さん運動しましょ!

※健康にはアロマも上手く活用を^ ^

www.kenkoureha.com

関連記事




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ