脳卒中・脳梗塞はリハビリで完全には戻らない、治らない。その理由を専門家がお伝えします。

スポンサーリンク




こんにちは。

リハビリを病院で行なっておりました理学療法士です(^^)

今回はこちら。

  • 脳卒中はリハビリで戻らない、その理由。】
  • 【再発のリスクも多くある脳梗塞の予防方法】
  • 【番外?病気になったら終わりなの?】

 という話を中心に記事を書かせていただきます。

ではよろしくお願い致します(^^)

脳卒中はリハビリで治る?治らない?

結論から言うと、先ほども言いましたが完全には戻りません

これには脳の機能が関係しています。

脳は、良質な脂質を主成分とした脳みそ以外にも沢山の要素があって出来ています。

  • 脳神経という神経
  • 動脈静脈を流れる血液
  • 脳脊髄液(脳が豆腐だとしたら、崩れないように守ってくれている周囲の水分のこと)

等によって私たちのからだを正常に保っています。

【血管がもろくなるor硬くなるor老化する。血液がドロドロになる等。

脳梗塞脳出血を発症する】

→【血液から脳を正常に保っている栄養素を送れなくなる】

→【神経であったり脳細胞が障害される】

ということですね!

リハビリ(リハじゃなくても正しい運動なら良い)をすると、機能が失われた脳の周辺の正常な脳が、失われた機能を代償することが出来る!】のです!

専門用語でいうと、【脳の可塑性】といいます。

なので、理学療法士作業療法士言語聴覚士などのセラピストはこんな感じでやっています。

  1. その脳で代わりに働いてくれるところを上手に働かせるように動作を指導and運動を行う。
  2. それによって、脳の機能を改善しようとしている。

というのが専門家の視点なんです!

もちろん、病気になって動くことが少なくなる。→普段より運動量が減る。→筋肉が落ちてしまったから筋肉をつける。という意味での運動や〈運動学習、メンタルリハーサルやメンタルトレーニング等〉の意味合いもありますが、リハビリはいろいろな側面から評価しながら行なっております(*^▽^*)

 予防する、始めるのに1番いいのはいつ?

予防って本当に本当に大切なんです。なのに、日本人は予防に対して世界でもかなり無知な方と言われています。

あるアメリカ人医師はこう言いました。

「なあ、君ら日本人は不思議な民族だよね。高いお金を払ってわざわざ人間ドッグで病気を探しにいったり、病気になった後のことについては果てしなくお金をつぎ込むのに、病気にならないようにするためにはほとんどお金を使わないんだからね。」

これを聞いてあなたはどう思いましたか?

収入が減っているという時代のせいもあるかもしれませんが本当にそれだけでしょうか。

「普通に今元気だし、私(僕、俺)は病気になんてならない。」と心の中で思っている人もいるのではないでしょうか。

一度きりの人生、何に力を注ぐかはその人の自由です。だから強制はしませんしそんな人の否定もするつもりはありません。

ですが、健康に過ごしたいという気持ちは誰もが思っているものだと思います。

ならば、自分自身に対する【健康(美容)への投資】をちゃんとする方が良いと思いませんか?

お金がないから、という前に

  • 姿勢を良くする。
  • 食事を和食中心にする。
  • 水をしっかり飲むようにする。

などなど出来ることは絶対にあるはず。

健康や美容については、身体的(運動、栄養、睡眠)、精神的(ストレスや感情)な面が両方関わっていると考えています。

なので「これを食べれば絶対にいい。」とか「こうすることが一番!」とかはないと思っています。

なので私のブログでは「この食材には◯◯という栄養素が含まれているから~~という効果が期待できる。」というようなニュアンスで書かせていただきます(^^)

効果の実感には個人差があると思うので、色々試してもらえたらと思います!

*関連記事⇩

 でもこれだけは言いたいです。

始めるのに一番早いのは「今」です!

からだが悪くなってから(または更に悪化してから等)や、病気が発覚してから健康について意識しても遅いんです。

 私が好きな言葉の中に「人生で一番今が好きというものがあります。

 歳を取っても「あの頃が一番だったよ。」とか「若いうちは良いよな〜。今はもう動けないよ全然、、、」って言いたくないです。

老化は必ずやってきますが、それを予防するすべが沢山あるんです!

知らないだけなんです!

「おじさんも楽しいぞー!若いうちよりも楽しいかもしれんわ!ワハハハハ!!」

 みたいな親父になりたいと思っています( ̄▽ ̄)笑

その方が幸せだと思いますし、若い人が見ても尊敬できる人なような気がします!

前向きにポジティブに生きていきたいなと。

 そうなれるように、「今」から意識して変えていければいいなと思います(^_^)

病気は害?ダメ?悪いものか?

これはとても難しいと思います。。。

個人的な意見だと、病気になるという事実にはメリットはほぼ無いと思います。

  • 本人自身がとても辛い思い(言葉には言い表せない)をするであろうこと
  • 治療費がかかること(今後は莫大です。医療費は5割ほどになるとも予想されています。)
  • 今まで出来ていた生活に制限がかかること
  • 病気によっては後遺症として死ぬまで続くこと(言い方悪いかもですが)

等デメリットは正直多いのではないかと思います。

ですが、病気になったからこそ「家族で会う時間が増えた」「健康の大切さが身にしみて分かった」など考え方、捉え方によるメリットだってあると思います。

これも私は本気で思ってます。人生一度きりなので考え方はポジティブな方が良いと思いますし!

「病気になったらポジティブになんかなれねぇよ!」っていう声も聞こえてきそうですね。

でもどこかで多分皆さん前を向く時が来ます。

だって生きてるんです。自分自身の人生、たった一度です。

私自身もたまに考えることがあります。

死んだら何も見えないし何も感じない聴こえない。

友達や好きな人の顔も見れない。

感情のようなものだってないしどうなるんだろうと。

考えてたらネガティブになりそうですが、結局いつも

「一回きりなんだし本気で楽しく生きよう!」と思います。

 

何にせよ、脳卒中などの病気を予防する」というは大切であると思います。 

これが普段の生活習慣で予防できますからやりたいですね!

病院がなくなれば今の自分の職業的には仕事が少なくなるんですけどね笑

では予防するのに大切なことは何でしょう?

すぐに出来ることは?

*関連記事⇩

www.kenkoureha.com

 *超大切な体温について

www.kenkoureha.com

 皆さんも一度きりの人生、楽しんでいきましょう!! 

ではまた(*´▽`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました