Warning: Declaration of W3TC\DbCache_Wpdb::prepare($query, $args) should be compatible with wpdb::prepare($query, ...$args) in /export/sd216/www/jp/r/e/gmoserver/6/7/sd0999267/kenkoureha.com/wordpress-5.2.2-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-content/plugins/w3-total-cache/DbCache_Wpdb.php on line 8
下っ腹が痩せる"反る腹筋"と"姿勢"。男も女も2週間で2cmウエスト減! | 健康は宝もの

下っ腹が痩せる“反る腹筋”と“姿勢”。男も女も2週間で2cmウエスト減!

スポンサーリンク




こんにちはこんばんは!

カラダの専門家である“理学療法士”という国家資格を持ち活動しています「しみず」と申します。

突然ですが、あなたはこんな悩みをお持ちではないですか?

「運動してないからお腹が出てきて😭」
「歳だから食べた分だけ太るんだよね。」
「下っ腹が全然痩せない!」

かくいう私もこう思っていました。

しみず
しみず

「下っ腹の脂肪が落ちない!腹筋割りたいのに下腹部だけ全然鍛えられない!」

(実際の顔はこんな笑ってません笑)

専門的な視点から解剖学的にみても、下っ腹というのは鍛えるのに難しい箇所ですし出てしやすい部位なんです。

あなたが歳をとったせいだけではありません。
歳よりも【あなたの生活そのもの】が1番の原因なんです!(食べ物、姿勢、呼吸などなど)

今回は、キツ〜い腹筋運動や外に出て走るようなモノではなく【痩せやすくなる姿勢、家でも簡単に出来る運動】をお伝えします😊

なぜ下っ腹は出るのか。凹まない理由。

ポッコリ下っ腹は、姿勢の悪さがかなり大きな原因になっている可能性が高いです。

そして、姿勢の悪い人めちゃくちゃ多いです。スマホやパソコン環境も増え、現代人はほぼ全ての人と言っても過言ではないくらい本当に多いです😱

私の受け持った方々だと、下っ腹が出ているのは“反り腰の人”に多い印象を受けます。

出典:https://girlschannel.net/topics/1662646/

この【猫背型】と【肥満型】の姿勢の人がとにかく多い!

特に女性に多い印象です。女性は反り腰の人も男性よりも多いです。

この姿勢は本当に良くないんです。

腹筋が使えないで腰が前に行ってしまい、足と腰が反っている。そのバランスを取るために肩甲骨・首・頭は前に出ている。(猫背型の姿勢)

こんな姿勢を取っていると、肩もめちゃくちゃ凝ります。

頭はボーリングの玉くらい重いと言われています。その頭が前に出て胸もはれていないので😭

悪い姿勢は女性にとって1番の恐怖とも言えるであろう【重力に負けただらしのない身体】を作ってしまいます😱

怖いかもですが、具体的には以下の状態です。

  • 垂れた胸、お尻😱
  • シワの多い首元😱
  • 横線の入った、たるんだお腹😱

などなど、見た目にかなり大きな変化が出ると思って良いです。

スタイルの良い身体、年齢に負けない素敵なカラダを目指したい女性は今すぐ姿勢を直していきましょう!その場で今からできますよ!

話を戻すと、悪い姿勢では腹圧がとても弱くなります⬇︎

腹圧とは?弱いとお腹が出る。

下っ腹というのは、【腹圧】をかけていないとどんどん出てきてしまいます。

腹圧というのはお腹を凹ませる動きで強まります。お腹の中の圧力ですね、内臓(腸)を圧迫し締め付けるようなイメージをすると良いでしょう。

筋トレしている人たちはドローインという言葉聞いたことあると思いますが、それです!

弱い強いが少しイメージがしにくいかと思いますので、腹圧が弱いか強いか見る方法を以下に記載致します。

床やベッドに仰向けになって寝て足を伸ばしたまま上げる、いわゆる“足上げ腹筋”をしてみて下さい。

これをした時に腰が反って浮いてしまい腰が痛くなるようでしたらだいぶ腹圧が弱いと思って良いです😭

話を戻すと、こんな姿勢では胸が広がらないため呼吸も浅くなりますし、交感神経優位になることが増えて身体が休まりません。

要するに、腹圧をかけていないような悪い姿勢が続くと“下っ腹はどんどん出てくるし良いことはほぼない”ということです。

姿勢というものは24時間必ず存在するものですから、意識して過ごすだけで下っ腹が良くなる可能性は十分にあるんです😊

腹筋するときは体を曲げない。

最初に言っておきますが「曲げる腹筋が効果がない!」という話ではないです。

ですが、反っても筋肉はストレッチされ活動します。さらに、筋肉を伸ばしていく運動の方が縮めていく収縮よりも効果が高いとも言われております。

腹筋ローラーなんかはその典型的な例ですね。ちなみにこれはメチャクチャ効きます。

要は伸ばす運動は効果的ってことなので難しく考えなくて大丈夫です笑

ここからお伝えする運動はその場でできる簡単なものですので、気軽に考えて下さいね😊

では、体を曲げない腹筋とはどのようなものでしょう?

よくイメージされるであろう腹筋は【仰向けになって、膝を曲げて上体を起こす】腹筋ですよね。今回はこれではありません。

現代人は特にですが、反る動きが圧倒的に足りません。デスクワークの増加による猫背や頭が前に出た姿勢の人とにかく多いです。

この腹筋がどれだけ良いかというと、効果の早い人は2週間で2cmのウエスト減を達成した人もいるそうです!!

ではそんな【反る腹筋】のやり方を見ていきましょう。

反る腹筋のやり方・方法

まず最初に、“正しいフォームでやること”がかなり大切ですので意識して下さいね!

※画像も後に貼り付けたいと思いますのでよろしくお願いします。(2019年9月1日)

スタートの姿勢は立っているのが良いですが、座ってても可能です。

まず、手は頭の後ろで組みます。もちろん背筋は伸ばしてくださいね!

肘は前ではなく横に張りましょう!こうすることで胸が開き肋骨が上がり、体の前面が伸ばしやすくなるんですね。

ここからは反っていきます。頭のてっぺんから伸ばされるイメージで、目線は上を向き後ろに体を反らせていきます。アゴもシャクラせて首の前も伸ばすと更に効果的!笑

息は吸いながら体を反らせていき、その状態で2呼吸分キープします!回数は1セット5回ほどで良いでしょう!

また、回数には制限ありません!1日に何回やってもオッケーです👍

ここでポイント💡

  1. 運動中呼吸は止めない。
  2. 腰を前に出しすぎない。

これをすることで無理なくしっかりと腹筋群が伸ばされ鍛えられます。あまりお腹が伸びないという人は腰を出しすぎないようにしてみてください。

おへそ、胸、首が後ろに引っ張られるようなイメージを持ちながら伸ばしていきます。

どうでしょうか?1回でもやった人はわかると思いますが、お腹の筋肉を使った感じがしませんか?

腹筋がジンジンするような感覚、張るような感覚がすればうまく伸ばされている証拠です💡

カラダの前側の筋肉は普段あまり伸ばしていない筋肉なので、いつもと違う感覚がした人も多いかと思いますがそれでいいんです。

「腹筋をちゃんと使ったんだよ」と筋肉が教えてくれている状態です😊

あとは、終わった後は意識的に良い姿勢を5分ほど心掛けてください。加えて体が元気モードになるため寝る前は避けると良いです。

え、これだけ?もうちょっとハードなのやりたい!

という方。そんなあなたにはこちらのメニューを推奨します。

男性は姿勢が悪いと弱く頼りなく見える。

ここまででも書きましたが、姿勢はかなり大切です。

女性に焦点を当てて書いてきましたが、男性にも当たり前ですが重要です。猫背の男の人は遠目から見ても自信がなさそうに見えますし、何故だか表情も暗いです。

格好良い顔でも猫背で頼りなさそうな人は嫌ですよね。

そして体にも良いことはありません。ダルさや意欲の低下にもつながりますし。

腹圧をかける(お腹を凹ませる)と不思議と背中が真っ直ぐになります。もちろん体が反ることは無くなりますが、普段力が抜けきっている猫背の姿勢も改善される可能性がありますね😊

姿勢というのは長年意識していないので、座っている時に意識して背筋を伸ばしても2〜3分経ったらまた猫背に戻っている事がかなり多いです。。。

どうしても意識は途中で無くなってしまうので、そういう人に加圧インナーのTシャツなんかはとってもオススメです。

➡︎加圧インナー

このように、意識できないうちなんかは道具に頼るのもアリです。本当にびっくりするくらいすぐに姿勢って戻っちゃうんですよね、、、

姿勢が良くなるメリットは計り知れないので、一案として考えてみてください😊

僕が愛用している物理療法機器もそうですが、自分で出来ないことは頼っていいんです💡

一人で全てやろうとすると“孤立‘になってしまいます。

出来ること、出来ないことを明確に分ける。無理なことは頼りながら生活する。

それが自立ですので😊

まとめ。日々の生活を意識しよう!

反る腹筋どうでしたか?

その場で簡単に出来るしお高い器具も必要ありません。

簡単に行えますが効果は本当にあります。腹筋を鍛えつつ姿勢も良くなる、かなり効率の良いトレーニングメニューです💡

姿勢は基本的にはその場ですぐに変えることが出来ますし、かなり変化が出ると思います😊

そのため下っ腹を凹ますためには【腹圧をかける姿勢を意識すること】と【体を反らせる動き】を日常に取り入れていく事をオススメ致します💡

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました